いま読んだ教科書についてのレヴュー【蛇にピアス/金原ひとみ】

昨今、金原ひとみ様の「蛇にピアス」を読みました。こういう作はビデオ化もされ、わかる人も多いのではないでしょうか。
本質はさほど酷いうたい文句は使われておらず、活字別れの進んでいる若い人にも読んでもらえるような本質です。
そして物語自身もヒロインの階級が幼く、作の条件に入って赴き易いと思います。
舌にピアスを開けそのピアスを拡張して赴き、最終的には蛇のような舌、【スプリット・タン】にすることがヒロインですルイのもくろみだ。
ピアスを開けていく先、ルイの周りのコネクション。こういう2つが生々しさと対応をもってルイの運気を翻弄していきます。
あんまり馴染みのないピアスやタトゥーといったものがこういう作ではだいぶ一心に登場します。
ちょこっと暴力的形容もありますが、こういう作を構成するにあたっては必要不可欠なものだと思います。
こちらは読破あと、性分というものの愚かさと対応に触れた心持ちで思う存分でした。
オリジナリティー広がるキャラたちが複雑に絡み合って出向く性分感じは点が読めず思い切りプルスしました。
読破あとも二度と読み直し、口上一つ一つの目的を噛みしめて赴きたくなるような、そういう作でした。ミュゼ 金額