ヴィジュアル繋がりバンド「メガマソ」に題目!

現代のミュージックときのなかで独特の理由を以て、多くの追っかけを引き寄せているのがヴィジュアルチックバンドだ。奴らの多くは王道荷札ではなく、インディーズとして活動していることから、なんだかミュージックプランという表場には登場することがありません。ただし、バンドごとに全く異なる強い性格を持つヴィジュアルチックバンドは、下手な王道ミュージシャンよりも真価で勝ることも少なくありません。そんなヴィジュアルチックバンドの中で俺が近頃ハマっているのは「メガマソ」だ。メガマソはヴォーカル・インザーギの伸びやかな高音って複雑で独特なメロディー、もっと1回聴くだけでは十分に味わえない深遠な歌詞を武器にしている3人組のバンドだ。殊更、ギターの涼平の女形の徹底ぶりは評価が高く、動画や映像だけ見ると「本当に夫人なのではないか」として仕舞うほどの高度合いっぷりだ。女形が割り方多いヴィジュアルチックバンドですが、主人ほど女装が出来る他人はざっといないでしょう。独特の世界観といった涼平の女形の理由、気になったパーソンはメガマソのCDを聴いてください。今まで知らなかった業界に誘ってくれることでしょう。キレイモ 9500